愛も夢もお金で買いたい

推しぴしゅきしゅき

「私のホストちゃん」という罪深い作品の話。

舞台「私のホストちゃん」THE PREMIUM 、キャスト詳細が出ましたね。

主人公の発表がまだなんですね。誰が来るのか気になります。

またゲストもあるだろうから、主人公は新キャストがいいなあ。

 

私のホストちゃん。若俳ヲタなら名前くらいは聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

「最も推しに出てほしくない舞台」。

何故そう言われているかはちょっとググればいくらでも出てくるので割愛させていただいて、自分とホストちゃんの思い出を書いていこうと思います。

 

友達の話や太客の話もするので、どの年のホストちゃんかは、一応伏せさせていただきます。

 

私はホストちゃんという舞台自体は知っていました。

元々特撮好きで若手俳優にも茶の間ながら興味があったので、深夜ドラマの方も見てました。

なので、舞台版のシステムの事も知っていたし、キャストが発表される時は少なからず緊張していました。

そして。

 

ある年のホストちゃんのキャストが情報解禁された時、そこに推しの名前はありませんでした。

が、推しが所属しているグループの子の名前がありました。

これはやばいぞ、と思ったのを覚えています。

彼のファンの事はよく知っています。

そもそもファン自体がそう多くないし、所謂「お金を落とす層」のファンは、自分の推しよりも少ない印象がありました。

口説きやアドリブに強いタイプでもないし、真面目で優しいので「客に貢がせる」事に抵抗があるのでは?とも思いました。

 

現に彼は、告知から一度もラブを下さい、1位になりたい、とは言いませんでした。

それでも、彼のファンは頑張りました。

初出演ながら企画を立て、企画潰しに遭いそうになっても踏ん張って、力を合わせて無事白スーツを着せました。

あの日の彼の笑顔と、ファンの涙は忘れられません。

隣にいた友達は、ランキング発表の時にガタガタ震えていて、今にも泣きだしそうでした。

なぜお金を払って舞台を観に来て、こんなしんどい思いしてるんだろう、と思いました。

 

でも、白スーツを着て真ん中で踊る彼は、確実に今まで見たどの役よりも輝いて見えました。

最高の体験でした。感動してずっと鳥肌が立っていました。

あの感覚はDVDでは伝わらないと思うんです。

推しが出ていなくても、興味がある方は是非劇場で見てほしい。

 

私の友達はVIPシートのチケットを40枚は確保していましたし、コンプリートセットを何セットも買って応援していました。

私も微力ながら10万ラブくらい協力しました。

 

彼を1位にすることは出来ましたが、友達は太客は別のホストの姫でした。

ハッキリ聞いたわけではないですが、友達も120万ラブくらいは貢いでいたと思います。

それでも、その日太客になれなかった。

推しはどのファンが何ラブ貢いだか知りません。

知りようがありません。

太客にならなければ、殆ど無償の愛です。

それでも友達は「よかった、かっこよかった」と泣いていたし、推しに見返りを求めたりはしませんでした。

私にはその覚悟は無いな、と思いました。

沢山貢ぐなら太客になりたい。

慣れないなら、無理しない範囲でしかラブを入れられないと思います。

 

ホストちゃんは確かに罪深い舞台です。

推しには出てほしくないと思います。

でもそれは、推しが出てしまったら頑張ってしまうから。

頑張りたいから、です。

推しの1位なんていいや、と思える人なら、普通に楽しい舞台です。

私が頑張らなくても推しには太いファンがいっぱい付いてるから大丈夫、と思える人も、楽しいと思います。

私ががんばらなきゃ、と思ってしまう人が辛いんです。

葛藤します。

推しが人質に取られてる、という表現が、まさにそれだと思います。

沢山の涙が流れます。

 

推しのカッコよさや演技が評価されているわけじゃない。

どれだけファンにお金を使わせられるかで争う舞台です。

綺麗事だけで成立するはずがありません。

 

でも、もし推しがホストちゃんに出る人は、企画日だけでも観に行ってほしいです。

そこにあるリアルな感情を目の当りにしたら、軽はずみにホストちゃんの事を悪く言えなくなります。

 

そこに沢山の愛があります。

人の愛を笑う事は誰にも出来ません。

 

私は、今回のTHE PREMIUMも観に行きます。

全てのホストと姫達が、幸せになってほしい、と思います。

 

おさむは〇ね。