愛も夢もお金で買いたい

推しぴしゅきしゅき

行けないけど応援してます。の話。

私は既婚者子持ちのオタクです。

推しに出会った時は私が25歳、推しが24歳でした。

その時に既に今の配偶者と付き合っていて、数年後に結婚、出産。

その間もずーっと推しの熱心なファンでした。

熱心なファン、のハードルが高い方から見たら熱心じゃないかも。

 

推しに結婚の事を話したりはしてなかったのですが、妊婦の時にバレました。

やっと安定期に入って産休にもまだ入れず、毎日働いていた頃、

舞台を観劇するのは、万が一気持ち悪くなった時とかに途中で席を立つことになったら嫌だし、周りに迷惑かけるし、で行けなくて。

整理番号順入場、自由席のアドリブ芝居イベントがあったので参加しました。

そこで推しに「もしかしておめでたですか!?」と聞かれ、

「そうなんです!すみません!」と何故か謝ってしまいました。

何故か、でも無いかな。妊婦って常に謝りながら生活してるので。

でも、推しにおめでとうございますと言ってもらえたのは嬉しかったです。 

 

因みに、推しは古参にも誰にでもずっと敬語です。

ファンの方は「〇〇君また来たよ!」

「今日もかっこよかったよ!」って感じですが、

推しからは「お久しぶりですよね!ありがとうございます!」てな感じです。

他人行儀ではなく、体育会系の後輩キャラっぽいなと思っています。

いつも元気で可愛いんです。

 

そんな感じで妊娠がバレたので、もう結構お腹も大きくなって、毎日お医者さんから歩け歩け!運動しろ!と言われ始める頃、
推しが出るネットラジオの公開録音のイベントに参加しました。

そこで渡したお手紙に、

「〇月〇日が予定日なので、しばらく観劇出来なくなりますが、必ず戻ってきます」

「いつか子供と一緒に〇〇さんの舞台を観劇したいです」

と書きました。

行けないけど応援してます、というような事を伝えたのはその時が最初で最後です。

 

「行けない」と俳優さんに伝えるのは良くないと私も思います。

行けないなら黙っとけよ、とよく言われますよね。

現場に来てなんぼ。在宅は在宅らしく振舞え。

私は在宅ファンも、たまにしか来ないファンも、趣味なので自由に楽しめばいいと思いますが、

行かない、行けないとわざわざ伝えることはないと思います。

頑張って作ってきたものを、手に取ってもらえないというのは推しを悲しませる行為だと思うので。

行けなくても、リプする事は出来ますし。

「初日おめでとうございます」

「毎日稽古お疲れ様です」とかだけでいいと思います。

 

でも、認知されてると、そういえばあの人最近見ないな、と思ってもらえるかもしれない。

担降り、推し変したのかな。と思われるかもしれない、と少し考えてしまいます。

推しはそんなこと、気にもしていないかもしれませんが。

 

実は、妊娠バレする前は、何も言わずに居なくなって、戻ってきた時に

「実は子供を産んだので暫く来れていなかったけど、これからは出来るだけ見に行く」とお手紙を書こうと思ってました。

バレたのにそこに触れないのも変かなぁ、とも思いました。

どっちが良かったのかなぁ。

 

皆さんはどう思われますか?